成功事例
case

事例 1

業種: 卸売業
年商: 2億5,000万円
従業員数: 5名
所在地: 東京都

事例 2

業種: 建設業
年商: 32億円
従業員数: 64名
所在地: 奈良県

事例 3

業種: 製造業
年商: 1,600万円
従業員数: 2名
所在地: 新潟県

事例 4

業種: 防水業
年商: 3,600万円
従業員数: 3名
所在地: 埼玉県

事例 5

業種: 空調設備工事業
年商: 1億2,000万円
従業員数: 17名
所在地: 大阪府

事例 6

業種: 畳・襖の製造販売
年商: 11億円
従業員数: 73名
所在地: 熊本県

事例 7

業種: 住宅建築業
年商: 1億8,000万円
従業員数: 9名
所在地: 静岡県

事例 1

業種: 卸売業
年商: 2億5,000万円
従業員数: 5名
所在地: 東京都

売掛先からの入金が遅れ、当座決済が厳しい状況でした。
いままでは銀行からの融資で資金調達をおこなっていましたが、直近で融資を受けたタイミングだったため追加の融資が受けられない状況でした。

問い合わせをした当日にはお会いし、翌日には資金調達をしていただけたことで、辛うじて不渡りを回避することができました。また長期の融資交渉につても、こちらの会社に行ってもらうことで900万円の長期融資を受けることができました。

事例 2

業種: 建設業
年商: 32億円
従業員数: 64名
所在地: 奈良県

民間の工事受注以外に公共事業の工事請負も多くあるのですが、つなぎの運転資金がショートしてしまい苦しい状況でした。

初めての利用にも関わらず、3,000万円の売掛を買い取りしていただけました。
それ以来、資金繰りのアドバイスを頂いたり、入札時の資金調達などでも動いていただいたりと、現在も良くしていただいています。

事例 3

業種: 製造業
年商: 1,600万円
従業員数: 2名
所在地: 新潟県

設立して間もない会社で、金融機関からの融資もまだ受けられていない状況でした。
商品を納品してから入金までの期間が3ヶ月もあり、翌月に大量受注が入った際には、仕入や外注に関する費用の支払いができない状態でした。

前月の納品分の売掛金を買い取っていただくことで資金を調達し、各費用の支払いを済ませ商品を納めることができました。
その後、大量受注分についても納品が完了したことで、安定した取り引きを継続させていただいております。

事例 4

業種: 防水業
年商: 3,600万円
従業員数: 3名
所在地: 埼玉県

大規模な案件を受注したものの売掛金の入金サイトが長いため、外注先への支払いが遅れるといった状況に陥っていました。めぼしい金融機関には相談したものの、1期目の決算が終わってない現状では、融資可能な限度額は50万円までと言われ、まとまった資金を集めることができませんでした。

こちらの会社に相談したところ「現状の資金繰りを試算すると最低でも400万円は必要ですね。」と言っていただき、迅速な対応で必要な資金を調達することができました。
この資金調達によって期日通りの支払いが可能になったおかげで、取引先との信用も高まり、さらに大きな案件の受注もいただけるようになりました。また、銀行からの信用も得ることができ、晴れて2,000万円の融資を受けることができました。

事例 5

業種: 空調設備工事業
年商: 1億2,000万円
従業員数: 17名
所在地: 大阪府

売上の低下で金融機関への返済キャッシュフローが悪化していました。
仕事の引き合いがあって先々の売上は見込めていたのですが、直近の手元資金が無く受けるに受けられない状態でした。
また、手形決済も多く資金繰りを締め付けている要因となっていました。

キャッシュフローの改善ついて相談に乗っていただいたところ、ファクタリングサービスで手持ちの売掛金を迅速に資金化がおこなえました。直近の手元資金を確保することができたおかげで、これまで受けるに受けられなかった案件も無事受けることができるようになりました。
その他に銀行への返済計画についての見直しなどコンサルしていただきキャッシュフローの改善も順調に図れています。

事例 6

業種: 畳・襖の製造販売
年商: 11億円
従業員数: 73名
所在地: 熊本県

銀行からの融資を控え、銀行担当者より納税証明書の提出を求められました。しかし、税金の滞納があり納税証明書の提出が出来ずに困っていました。

ファクタリングで調達した資金にて未納分の税金を完済し、納税証明書の提出も済ませられたことで、無事銀行からの融資を受けることができました。おかげさまで、その後の経営を軌道に乗せることができました。

事例 7

業種: 住宅建築業
年商: 1億8,000万円
従業員数: 9名
所在地: 静岡県

住宅建築の受注件数は順調に伸びていたのですが、工期の延長や作業量の増加に伴ったスケジュール遅延によって入金予定が後ろ倒しになり、材料費や外注先への支払いが厳しくなっていました。

銀行から融資は無下に断られ、新規の金融機関を利用するにしても審査が長く、とても目の前に迫った支払い期日までの資金調達は間に合わない状況でした。
翌月末入金予定の売掛債権もとにファクタリングで資金調達をおこなえた結果、危機的な状況を突破することができました。その後、数ヶ月ファクタリングを利用することで資金繰りを改善することにいたりました。